技術紹介
コルゲートボディ装飾

こんにちは。TECH BLOG担当のまさくんです。

梅入りを間近に控え、雨の日が少しづつ増えてきました。雨が降ればお車でお出かけする機会も増えますね。

ということで、今回は車ネタ、(昨年はカーラッピングのお仕事を紹介させていただきましたが)トラックの装飾についてご説明いたします。

近年、運送用トラックのボディの側面・背面に社名・製品などを装飾することは一般的になっており、皆様も街中などで目にされる機会が多いのではないでしょうか。

トラックのボディは面積が広く、様々な場所へ移動するため、立地条件に大きく左右される看板と比較すると広告効果が大きいとされています。

弊社でもトラックの装飾をご依頼いただくことは多いのですが、中でもコルゲートボディのトラックは製作に一工夫必要です。

コルゲートボディとは、荷台の側面が平面ではなく、波板状に加工されたボディのことです。
波板状に加工することで強度が増すということらしいですね。

凸凹した形状のため、調整せずに製作・施工してしまうと絵の縦方向が縮んでしまいます。

そこで、データ編集工程でデザインデータを縦方向に数%伸ばす一手間を加えてから出力〜施工します。

すると…

IMG_6021
IMG_6027

ほら、ロゴがちゃんとした形になったでしょ?

コルゲートボディの施工だけでなく、さまざまな案件でいままでの経験が生きてきます。

こんなことできないかな、など困ったことがございましたら
いつでもご相談ください。

あなたのまさくんでしたー。

弊社ではお車の採寸から施工までトータルにサポートできる体制を整えております。
カーラッピング・デジタルプリント壁紙・粘着シート・ウインドーフィルムのご用命はぜひプリンテック株式会社へ!