技術紹介
壁紙施工

こんにちは。TECH BLOG担当のまさくんです。
寒暖差のはげしい今日このごろですが、みなさま体調をくずされていないでしょうか?

さて今回は「四面柱」のプリンテリア装飾についてご紹介させて頂きたいと思います。

プリンテリアの施工は分割ごとに絵柄合わせが必要になるので
通常の壁紙より難易度が高いですが、施工箇所に出隅・入隅があると更に難易度が上がります。

何故かと言うと、出角・入角は垂直に見えて実はほんの少しだけ傾いていたりするのです。
このほんの少しの角の歪みがプリンテリアの分割部分の絵柄のズレにつながってしまうのです。
今回は四面柱なので問題の出隅が4ヶ所!!果たしてうまくいくのでしょうか!?

難易度の高い施工とあって、インジェット壁紙プリンテリア施工の第一人者、君和田氏に施工を担当して頂きました。

君和田氏の活動は下記リンクからご覧ください。

これが施工前
1
では早速貼って頂きましょう。
まずレーザーで垂直を出してから1分割目を貼って行きます。

2

ここまでは全く問題なし。
ちなみに今回UVプリンターで出力しましたがインクのひび割れもでませんでした。

3

続いて2分割目を貼って行きます。

4

出隅が絡んだ後の絵柄合わせになります。
ちょっと絵柄のズレが出始めましたが見事にリカバーしてもらっています。

115

そして3分割目。ズレが出てくることを想定して絵柄を少なくしておきました。
ここもなんとかクリア!

67

問題の4分割目。まず3分割目と4分割目を合わせます。
難しそうですがなんとかあわせてもらえてます。

8

そして4分割目と1分割目のあわせ。ここが一番むずかしい。
ここも絵柄あわせがないようにデータを作りましたが
案の定、腰壁の絵柄が1cm程高さのズレが出てしまいました。
補修して頂いている様子

9

レジェンドの秘密の技で見事に絵柄をあわせて頂けました!!
※写真右は私、まさくんです。

10

今回は4分割での製作でしたが、材料テストの意味も含んだ施工だったので
4分割全て材料仕様を変えておりました。(分割位置で色が変わって見えるのは材料が違うためです)
そんなこともあり今回の施工の難易度は相当高かったのですがさすがレジェンド見事に施工して頂きました。

プリンテックではグラフィッククロスの製作から施工まで承っております。
現場調査もお伺い致しますので壁面の装飾の際はぜひお問い合わせください!!