技術紹介
カーラッピング〜PCラッピング
,

こんにちは。TECH BLOG担当のまさくんです。
みなさま体調は崩されていませんでしょうか?

今回は車両ラッピングのご紹介です。
弊社ではヴェラップスという車両ラッピング専用製品をご提供しております。

最近、カーラッピングという言葉を耳にする機会はないでしょうか?
実は街中を走っているバスやカーレースの車も塗装では無く、印刷をしたシートでラッピングされていたりもします。

それでは実践といきましょう!がっ、しかーーし、今回はたまたま車が準備できなかった為、カーラッピングでは無く、mac bookにPCラッピングを行いたいと思います!

まずは今回貼るフィルムを大型プリンターにて出力します。
DSC_0633

次にインク部分の保護の為、ラミネートフィルムの貼り合わせ加工を行います。
DSC_0634

次にカッティングプロッターにてリンゴマークを抜きます
DSC_0637

綺麗に抜けました。
DSC_0638

次にmac bookへ貼り込みます。
まずフィルムの裏にある、剥離紙をこの様に切ります。
DSC_0641

リンゴマークを基準にし、真ん中から貼ります。
DSCPDC_0003_BURST20200918180746206_COVER

このシートは粘着面に斜線が入っており、空気抜きが簡単に出来るようになっております。
カタログには易施工(いせこう)と記載してあります。
DSC_0639

きれいに貼れました。
エア抜き溝があることで、多少空気が入っても簡単に押し出すことができるため、仕上がりもバッチリです。
DSC_0643

次にエッジ(端部)の処理を行います。
PCにキズをつけないように、慎重に仕上げます。
DSC_0644

こうして世界に一つだけのPCが完成しました。
DSC_0648 (1)

素晴らしいデザイン・仕上がりですね!
欲しい方はご連絡ください。

日本でも近年、カーラッピングの人気も上がってきております。
なぜかというとラッピングにはメリットが沢山あります。
まずは、なんといっても手軽にイメージチェンジができます。インクジェットプリンターで製作しますので、色数の制限もなく、画像データの出力も可能です。
再剥離性の高い(糊残りしにくい)フィルムを使用しておりますので、現状復帰も可能です。

次にボディや塗装を保護出来るというメリットもあります。
近年は台風や、突風などの被害も多くなりました。
ラッピングを施した車であれば、フィルムで守られた状態になっていますので、
微細な飛来物からボディを守ることも出来ます。

このような理由で、カーラッピングの注目度が上がってきているのかもしれません。

カーラッピングをご検討の際は、是非プリンテックまでご相談ください!

>お問い合わせ、ご注文はこちらからお願いします。