技術紹介
ウォールステッカー
, ,

こんにちは。TECH BLOG担当のまさくんです。
秋も深まり、日が短くなってまいりました、なかなか出歩くのもままならない世の中の情勢、こんな時は溜まっているシーリズものの長編ドラマなんかを続けて観たりするのもいいかもしれませんね、年末向けて出来ることはどんどん消化していきましょう。

さて、今回はウォールステッカーについてお話したいと思います。
ネット通販や100円ショップ等でよく見かけますウォールステッカー
手軽に室内イメージを自分で変えられる手法としてだいぶ定着してきたのではないでしょうか。
一般的にインクジェットメディアの粘着は壁紙等の凹凸がある面には貼りづらく不向きとされてきましたが、最近では粘着開発が進んできて、ウオールステッカーとして使用できるようなものも出てきました、そこで今回はそのメディアを使用してインクジェットならではの大型で一点物のオリジナルウォールステッカーを作ってみます。

使用する材料はGMP-15MH(リンテックサインシステム)、壁紙に貼って剥がせる粘着付きオレフィン製メディアです、対応プリンタ:ソルベント・Latex・UV
今回はソルベントインクでプリントします。
DSC_3845

GMP-15MHはラミネート不要のため、プリントが終わったらカッティングプロッターでカッティングします。四角だけでなく、丸や人型などの形状にカットすることも可能です。
DSC_3860

いよいよ壁面に施工していきます、ある程度位置決めをしたら大胆に貼っていきます、ある程度貼り直しがきくので気軽にどんどん貼り込んでいきます。
DSC_3864
DSC_3875

完成、世界に一つだけのオリジナルウオールステッカー。
DSC_3877

気軽にアクセントウールが楽しめます、気分によって色々変えてみるのも楽しそうです。
金額的には市販品と比べると割高にはなりますが、オリジナルで希少感の高いアイテムとしてはかなり魅力的ではないでしょうか。
サイズやデザインも自由に選択できますので、ショップや飲食店の店内装飾、イベント装飾、ノベルティ、リフォームなど、様々な用途でご利用いただければと思います。

デジタルプリント壁紙・粘着シート・ウインドーフィルム・カーラッピングのご用命はぜひプリンテック株式会社へ!

>お問い合わせ、ご注文はこちらからお願いします。